FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米経済:ジンバブエに匹敵する超インフレ突入へ-ファーバー氏

【記者:Shiyin Chen、Bernard Lo】  5月27日(ブルームバーグ):

有力投資家のマーク・ファーバー氏は27日、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げをちゅうちょすると予想されることを理由に挙げ、米経済がジンバブエの水準に匹敵する「ハイパーインフレ(超インフレ)」に突入するとの見通しを明らかにした。

同氏は香港でのブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、米国の物価が今後、ジンバブエに「近いペースで」上昇する恐れがあると警告した。ジンバブエ統計局の発表によれば、昨年7月時点の同国の年間インフレ率は2億3100万%に達している。

  ファーバー氏は「米国のハイパーインフレ突入を100%確信している」と指摘。「政府債務の著しい拡大に伴う問題は、FRBが利上げを実施すべき時機が訪れても大いにちゅうちょし、インフレが加速し始めるのを許すと予想されることだ」と語った。

 フィラデルフィア連銀のプロッサー総裁は21日、2011年に米国のインフレ率が2.5%に達する可能性があると発言。これはFRBが長期的に好ましいとみている1.7-2%のレンジを上回る水準で、景気低迷が物価の広範な下落を招きかねないとみる一部の当局者やエコノミストらの懸念とは対照的な予測だ。

 サンフランシスコ連銀の調査担当アソシエートディレクター、グレン・ルードブッシュ氏は26日、リセッション(景気後退)の深刻さや失業率が9%以上に上昇するとの見通しを考慮すると、今後数年間は政策金利をゼロに近い水準にとどめておく必要があるかもしれないと述べた。

 米金融当局は、融資回復と半世紀で最悪のリセッションの終息を目指し、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標を昨年12月以降、ゼロ-0.25%に据え置いている。

 ファーバー氏は、世界経済がリセッションからは回復するものの、2006-07年の繁栄に戻ることはないと予想。引き続き米国債よりもアジア株を選好すると指摘し、向こう5年間は日本株が他の多くの市場をアウトパフォームする可能性があるとの見方を示した。


<トゥモローズゴールド世界的大変革期のゴールドラッシュを求めて  2003>マーク・ファーバー著 以下アマゾンより

日本の下げ相場は終焉! 世紀の買い場が到来した!
 マーク・ファーバー博士の名を世界的に有名にしたのは1987年のウォール街のクラッシュをズバリ予測したことだ。処女作『相場の波で儲ける法』では「次は日本株の暴落の番だ。バブル崩壊で日経平均が8000円まで下がらなければ、下げ相場は終わらない」と予見した。 彼は今年(2003年)の5月、「日本での13年間の下げ相場は終焉し、世紀の買い場が到来」と日本について180度転換した。本書を読めば、なぜ日本に強気になったかの、判断のプロセスが分かる。 本書『トゥモローズゴールド』でも、次のゴールドラッシュの世界を求めて、荒野を駆ける男の姿を印象付けられる。   (「監修者まえがき」より)

トゥモローズゴールド(明日の金脈)について
 著名な投資顧問であるマーク・ファーバーが、トゥモローズゴールド(明日の金脈)、つまり将来高パフォーマンスを上げるアセットクラスについて語る本書は、センセーショナルでも神秘的でもないが、過去の出来事を深く掘り下げ、これまでの投資トレンドがどのくらいの期間発達したかを明らかにすることで新しいパターンが発生する可能性を検証している。
 変化はトレンドである。今、世界は15世紀末ヨーロッパの大航海時代や19世紀の産業革命と同様に世界中の商業を永遠にまったく別の顔に変えてしまうような大変革のなかにあるとファーバーは指摘する。

 そして、経済的、社会的、政治的状況が危険な速さで変形している劇的な景観のなかから、投資チャンスを見つけていこうとしているのである。

 ファーバーは30億の人口を要するアジアは世界に大きな影響を及ぼし、現在最も裕福な都市や人々がその高い地位を将来も維持できる可能性は低いと警告している。

============
でも・・・いくらなんでも ジンバブエと比べちゃねぇ・・確かにそうなら、金は大暴騰・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。