FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンターテイメント市場  08年  ぴあ

http://www.pia.co.jp/pia/release/2009/release_090909.html


経済不況の中で、ライブ・エンタテインメント市場規模は健闘
2008年ライブ・エンタテインメント市場概況
~ ぴあ総研が「ぴあライブ・エンタテインメント白書 2009」を9月に発行 ~

ぴあ株式会社の子会社でレジャー・エンタテインメント分野のシンクタンクであるぴあ総合研究所株式会社は、2008年のライブ・エンタテイメント市場動向についてジャンル横断的に一覧できる「ぴあライブ・エンタテインメント白書 2009」を9月18日に発売します。
本書は、音楽・ステージ・映画・スポーツ・遊園地/テーマパークという5ジャンルのライブ・エンタテインメント市場について、公演回数・動員数・市場規模(=チケット販売市場)の3つの基本指標を中心とした数々の統計データやレポートから市場実態を把握できるデータブックで2004年より発行しています。また、ライブ・エンタテインメント産業が発展していく上での重要なテーマとして、今年は「中国・韓国のライブ・エンタテインメント産業の現況」「景気後退がライブ・エンタテインメントに与えた影響」を特集として取りあげます。
 
【市場概況】
推計を始めてから過去最高の1兆1,600億円、対前年比1.2%のプラス成長。
~映画以外のすべてのジャンルで好調~
2008年のライブ・エンタテインメント5ジャンルの市場規模は1兆1,600億円と、推計を始めた2000年
以降、過去最高を更新しました。2001年以降、1兆1,000億円台をほぼ横這いで推移しており、2008年も対前年比1.2%増と微増ですが、2008年の名目GDP成長率(暦年)がマイナス1.6%と日本経済が低迷する中、健闘を続けています。映画を除く、音楽、ステージ、遊園地/テーマパーク、スポーツ(増加率の大きい順)の4ジャンルで前年を上回る好調な推移を示しました。ただし、動員数は対前年比1.0%減の3億4,118万人となり、1人当たり単価の上昇が市場規模を押し上げる結果となりました。
 
スポンサーサイト

長寿データ 

百寿者  153人 (1963年)
     36000人超 (現在)  

女性の51人、男性の267人に一人が百寿者

2050年   百寿者数 推計 70万人

平均寿命の推移

縄文期 : 約15歳
江戸期 : 約39歳
大正期 : 約40歳
1950年 : 約60歳
2005年 : 約80歳

(上智大:鬼頭教授調べ)

===========
(読売新聞 09/1/13 特集 長寿革命 より  )

中国 インターネット市場  2008年

2008年中国インターネット利用者: 298mil人
  (普及率22.6% ← 2007年 16%)

・ 20歳以下の利用者 35.6%
・ 30歳以下の利用者: 67%(20-29 31.5%)
・ 30-39歳 17.6%
・ 40-49歳 9.6%
・ 50-59歳 4.2%
・ 60歳以上 1.5%

・ ブロードバンドユーザー 2.7億人
    (インターネットユーザーの91%)

・ 平均利用時間  16.6時間/週

・ 地方都市の利用者: 8400万人(前年比60.8%増)

・ 携帯によるアクセス:1.17億人(全体の39.5%)

・ 用途:音楽ダウンロード(84%)ニュース取得(79%) 
    IMS(75%)

(China Internet Network Information Center)

リビア

大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国←これが正式名称・・・だそうです。今まで全く知りませんでした(無学・・)

GDP 329億ドル(世界64位) 2005年
一人当たりGDP 6400ドル

1951年 イタリアより独立

2006年 米国はリビアをテロ支援国家リストからはずす

リビアに入国するためにはアラビア語併記のパスポートでなければならない

石油埋蔵量はアフリカ最大

以上Wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/リビア



米国に 下記代償として15億ドル支払い


86年 西ベルリン ディスコ爆破 3名死亡

88年 パンナム機爆破 270名死亡  

9月 ライス国務長官 55年ぶりの訪問
10月 トリポリに貿易事務所開設

メドベージェフ露大統領・カダフィ大佐とクレムリンにて(早速)会談

2008/11/2 読売新聞
 

中国もいち早くリビアには投資していましたが、国際社会で生き残るためにはある種の”えげつなさ”が必要であるという事例でしょうか


どうも日本の政治家は国内での政党間・派閥間でやることは”えげつない”のですが、国際関係では猫をかぶってしまう。

正しいこと・美しいことかどうか・・・これも重要な視点でしょうが、人(国?)の良さだけでは生き残れない。特に国と国の関係軸は、国力と国益の2軸で決められている(北野幸伯)のに・・・日本は・・・・・(涙)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。